ニュース

【文化女中器】「夏への扉」を山?賢人主演で映画化。それよりもリッキイ役のロリっ子は誰やるんだよ

1高輝度青色変光星(SB-Android) [US]2020/06/29(月) 17:35:19.16ID:C8L+ivkb0

名作SF小説『夏への扉』主演・山?賢人で初実写映画化、30年の時を超えたタイムトラベルの冒険物語

https://www.fashion-press.net/news/62044
伝説的SF小説『夏への扉』が初の実写映画化。山?賢人主演で、2021年に全国公開される。

タイムトラベルSF小説の原点『夏への扉』初の実写化

続きを読む

手越ショック!支援会社社長が早くもポイ捨て

1ブレーンワールド(東京都) [ニダ]2020/06/30(火) 21:06:25.74ID:kbFnJqZy0

まさか“裏切り者”が出るとは…。
ジャニーズ事務所を退所した元「NEWS」手越祐也(32)の周囲の雲行きが怪しくなっている。

“手越キャバクラ”で接待し、実業家らと親しくなり、アイドルらしからぬ幅広い人脈を築いていたことは、本紙を含め多くのメディアが報じている。
だが、独立会見から1週間が経過し、仲間内から「みんなが手越君の仕事を応援する感じにはなってない」という意外な証言をキャッチした。
あの記者会見を見て「メリットがない」と、実際に手越を“見捨てた”会社社長までいたのだ。
https://www.tokyo-sports.co.jp/newspaper/%ef%bc%96%e6%9c%88%ef%bc%93%ef%bc%90%e6%97%a5%e7%81%ab%e7%99%ba%e8%a1%8c/

続きを読む

「市民一人10万円配ります!」 約束した市長、当選後に嘘公約と判明し炎上「誤解した市民が悪いw」

1ヨーロッパオオヤマネコ(ジパング) [GY]2020/07/01(水) 10:03:00.48ID:TcMTvwl70

小田原長選で当選した守屋氏、公約の「ひとり10万円」は「国の給付金のことだった」市民は「後出しだ!」と怒り心頭

5月17日(2020年)に投開票された小田原市長選で、接戦の末初当選した元神奈川県議会議員の守屋輝彦氏(53)が
選挙期間中に選挙公報などで掲げた公約が「市民を騙すつもりでわざと記載したのではないか」と波紋を広げている。
「ひとり10万円」という文言で、国の定額給付金とは別に市が10万円を支給すると勘違いした市民が大勢いたというのだ。

当選後の市議会で「ひとり10万円」という文言について問いただされた守屋氏は「国の定額給付金を迅速に執行するという意味だった」と説明。
誤解を招きやすい文言だったことには「紙面の大きさの都合上だった」と釈明した。
しかし今月(2020年6月)に入っても議会での追及は収まっていない。

僅差で敗れた現職側は「ひとり10万円に騙された」
スッキリの取材に対し守屋市長は「(国の特別定額給付金が)いつ給付されるのだという問い合わせが数多くあったので、
それを迅速に給付すると(いう意味だった)。結果として誤解を招いたことは、候補者として非常に深く反省している」と話した。

実際に、小田原市民はどう受け取ったのか。「妻は(市から独自に)10万円出ると思っていたみたい」
「あの書き方では、私も一瞬、出ると期待してしまった。後出しだなというイメージは拭えない」という人もいれば、
「小田原市にそんなお金あるわけない」と最初から気にしていなかった人もいる。

544票の差で4選を果たせなかった加藤憲一前市長(56)の選挙対策本部長、今屋健一さんは「わらにもすがる思いの方々の中には、
10万円もらえるなら守屋さんに市長になってもらいたいと思った人もいると思う。僅差だったので、
(選挙結果が)ひっくり返るほどの影響力があったのではないか」と話す。

https://news.livedoor.com/article/detail/18496948/

続きを読む

24歳まんさん、手作り石鹸で顔に熱傷 視力を失う

1オセロット(埼玉県) [ES]2020/07/01(水) 10:50:57.70ID:GoFqcQWH0

■手作り石鹸で顔に熱傷 24歳女性が視力を失う(米)

米ワシントン州シアトルで2年前から夫と2人で暮らしているマルタ・ブストスさん(Marta Bustos、24)
は6月11日、自宅で石鹸を作っていて苛性ソーダを顔に浴び、角膜に重度の熱傷を負った。

地元の小さな病院に搬送されたマルタさんはその後、シアトルのハーバービュー・メディカル・センターに転送されて治療を受けたが、
角膜だけでなく瞼にも熱傷を負っており、目を開けることができない状態だった。
また熱傷は口や鼻の中にも及び、入院直後は激しい痛みとショックで泣いてばかりいたという。

しかし入院中に4度の手術を受け、少しずつ落ち着きを取り戻したマルタさんは、事故から10日後の6月21日に退院。
そしてその2日後には医師から初めて「角膜移植をすれば再び目が見えるようになるかもしれない」と告げられた。

『7NEWS.com.au』によると、マルタさんは保険に加入しておらず、スペインのバルセロナ県テラサ在住の母アナ・ゴンゴラさん(Anna Gongora)が
クラウドファンディングサイト「GoFundMe」を開設した。そしてマルタさんも入院中にInstagramに動画を投稿し、
「アメリカでは救急車での搬送が約16万円(1500ドル)〜21万円(2000ドル)、入院1泊で約43万円(4000ドル)もかかる。
今後も数回手術が必要になる」と訴えて寄付を呼びかけた。

日本時間6月30日に「GoFundMe」での募金受付を終了したが、その金額は246539ユーロ(約2980万円)に達した。
マルタさんは「SNSにネガティブなコメントがあがっているのは知っているわ。でも私はこれからも闘うことをやめない。ありがとう」と述べ、多くの人からのサポートに感謝した。

石鹸作りに使用する苛性ソーダは、市販のカビ取り剤の50倍の濃度とも言われており、
保護メガネ、ゴム手袋、防護服などをつけて慎重に取り扱う必要がある。また水と混じりあうと熱を発するため、
マルタさんの事故のように苛性ソーダが飛び散って熱傷をすることもあるという。
https://article.yahoo.co.jp/detail/d08d9c1b7a6ba84fa6a1fc336c7e63780a919677

続きを読む

沖縄でネコの変死相次ぐ 周辺に謎の青い牛乳

1◆mZB81pkM/el0 (茨城県) [IN]2020/07/01(水) 07:50:54.51ID:KJRaHJYm0

沖縄県浦添市伊祖で、猫の変死や虐待が疑われる事例が相次いでいる。6月18日から26日にかけて地域住民らが野良猫1匹を死体で、1匹を体調不良の状態で発見した。
死んだ猫の近くには青い粉が混入した牛乳が置かれていたという。
いずれも因果関係は不明だが、住民は「青い粉は毒ではないか」と不安がっている。

18日に猫の死体を発見した女性によると、自宅前で猫が横たわっており、自宅敷地内には青い粉が混入した牛乳のような液体が置かれていた。猫は女性が餌やりをし、数週間前に避妊手術をしていた。

女性は「毒物を盛られたのでは。言葉にならない悲しさだ」と声を落とした。女性は22日にも、自宅付近で一部の米が青く染まった残飯を見つけた。

地域の別の女性(54)は26日、猫の死体があった場所の近くで嘔吐(おうと)を繰り返していた別の猫を動物病院に運んだ。嘔吐の原因は不明でその後、回復したという。

相談を受けた動物愛護団体の沖縄ハピネコ会の新垣善広代表(57)も毒散布を疑い、「犬や猫の殺傷は動物愛護法違反。猫のふん尿などに腹が立ってもしてはいけない。まずは自治会や市役所に相談を」と訴えた。

団体は死んだ猫の子猫3匹の引き取り先を探している。

https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/593272

続きを読む

【卍】ピザのサラミでナチス想起のマーク、店員2人を解雇 米

1エキゾチックショートヘア(光) [US]2020/07/01(水) 11:02:59.06ID:Td7bnMIS0

米オハイオ州のピザ店で、トッピングのサラミをナチス・ドイツのシンボル、カギ十字を想起させる形に並べたとして、従業員2人が解雇された。

同州クリーブランド南郊に住むジェイソン・ラスカさんは6月27日、義母の家を訪ねた帰りにピザチェーン大手「リトルシーザーズ」の店舗に立ち寄り、サラミのピザをテイクアウトした。

帰宅して妻のミスティーさんとともに箱を開けると、サラミがカギ十字の逆向きの形に並べられていた。2人はしばらく絶句したという。

ジェイソンさんは午後10時の閉店前に店に電話をかけたが、話し中だった。ミスティーさんは怒りを込めて、ピザの写真をソーシャルメディアに投稿したという。

「こういう行為が憎悪の火を燃やし続ける。今私たちに必要なことは、まさにその正反対だ」と、ジェイソンさんは話す。

リトルシーザーの報道担当者が29日、CNNに語ったところによると、この店の従業員2人が非を認めてただちに解雇された。
同担当者は「いかなる差別も容認しない」との方針を強調し、ジェイソンさんとも直接話し合ったと説明した。

ジェイソンさんは同社の対応を評価したうえで、元従業員らが「貴重な教訓」を得てくれたことを願うと語った。

https://www.cnn.co.jp/usa/35156092.html


続きを読む